贈与をする
よくある質問

妻に贈与したい

動産を贈与すると、贈与税が発生します。
贈与税は税率も高く、不動産などの高額の贈与は、贈与税についてよく検討してから行う必要があります。

しかし、一定の条件を満たした贈与には、控除の特例があります。
その一つが「居住用不動産の配偶者控除」なのです!

居住用不動産の贈与税の配偶者控除とは

不動産を贈与すると、贈与税が発生します。
贈与税は税率も高く、不動産などの高額の贈与は、贈与税についてもよく検討してから行う必要があるでしょう。
しかし、一定の条件を満たした贈与には、控除の特例があります。
その一つが、居住用不動産の配偶者控除です。

相続税の改定 平成27年1月1日以後に相続が発生した場合、今まで5000万円あった基礎控除が3000万円に減額されます。
自己所有の土地の価格が3000万円を超えそうな場合は要注意!
事前に2110万円までは贈与税がかからない配偶者の贈与の制度を利用して、財産を分散しておく方法があります。

贈与税の配偶者控除を選択出来る場合。
  • 婚姻期間が20年以上の夫婦の間での贈与
  • 居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合であること
    (贈与を受けた者が現在住んでいて、その後も引き続き住む見込みである)

条件を満たせば基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例があります。

(注1)配偶者控除は同じ配偶者の間では一生に一度しか適用を受けることができません。
(注2)税務署に申告をする必要があります。

ちなみに、居住用家屋の敷地は借地権でも大丈夫です。
また、土地と家屋は一括して贈与を受ける必要はないので、家屋のみ・土地のみ(条件を満たせば)の贈与を受けることも可能です。[平成21年4月1日現在法令等]

家を子にあげたい

生前の贈与には、「贈与税」が発生します。
子に家をあげると、当然その家の価格に対し「贈与税」がかかってきます。

一般に贈与税と相続税を比べると、贈与税の方がかなり税率が高く規定されています。
つまり、相続が発生するまで待ったほうが得と言えます。
でも、相続はいつ起こるかわからないし、相続を待つというのも嫌な話です。
では、生前贈与でなるべく税金がかからない方法はないのでしょうか?

そこで知っておくと良いのが「相続時精算課税」という制度です。

相続時清算課税とは

贈与税の課税制度の一つに、「相続時精算 課税」という制度があります。

相続時精算課税を選択出来る場合。
(年齢は贈与の年の1月1日現在のもの)
  • 財産を贈与した人(贈与者)
    65歳以上の親
  • 財産の贈与を受けた人(受贈者)
    20歳以上の子である推定相続人
    (子が死亡しているときは孫も含む)

次のステップへ

相続時精算課税制度を選択する場合
 ■贈与税■

  • 特別控除
    贈与財産の価格から「特別控除2500万円」の控除が受けられます。
  • 税率
    特別控除額を超えた部分に対して、一律20%の税率となります。
    ※その贈与を受けた年の翌年2/1~3/15までの間に
    相続時精算課税制度を利用する旨の「届出書」と
    「贈与税の申告書」を税務署に提出する必要があります。

相続時に精算

次のステップへ

 ■相続税■

  • 贈与者が亡くなった時の相続財産 + 相続時精算課税制度を適用した財産(贈与時の価格)

    →上記を基に、相続税額を計算する

    →その際に、すでに支払っている上記の「贈与税額」を相続税額から控除します。

つまり、「相続時に清算する」ということを前提に、
相続が発生する前の贈与についても、2500万円まで控除を受けることが出来るのです。

事務所案内・お問い合わせ