贈与をする
贈与契約書の作成

贈与契約書の作成

不動産の贈与は非常に価値の大きいものであり、「贈与契約書」として書面に残しておくことはとても重要です。税務署で尋ねられても安心です。
贈与は口頭でも成立します。しかし民法には、「口約束だけの贈与はいつでもその意思を撤回することが出来る」という規定があり、「書面による贈与」や「贈与の登記」をしないと意思を撤回されてしまう恐れがあるのです。
そこで、あげる人・もらう人の意思を確定させるためにも、「贈与契約書」を作成する必要が出てきます。
その上で「所有権移転登記」をすることで、きちんと贈与行為が完了するのです。

贈与をする よくある質問