ローン完済・抵当権
抵当権とは

抵当権とは?

例えば、マンションの購入をする場合に、住宅ローンを組むとします。
銀行はお金を貸すにあたり、その債権を回収できなくならないよう、そのマンションに「抵当権」を設定します。
抵当権を設定しておくと、弁済を受けられなくなった時に裁判所に「競売申立て」をすることができ、競売の売却費用から優先的に債権を回収することが出来るのです。

「抵当権設定登記」は、その抵当権の内容(債権額や債務者・抵当権者の住所・会社名など)を不動産登記簿に記載する登記です。

ローンを全て返済すると、債権が消滅するので、抵当権も消滅します。
抵当権の登記は当事者が申請しないと抹消されませんので、「抵当権抹消登記」をする必要があります。
抵当権抹消登記の必要書類の中に、「銀行の資格証明書」があります。これは、有効期限があり(3ヶ月)、期限が切れてしまうと新しいものを発行するのに1,000円かかって来ます。

銀行から抵当権抹消書類をもらったら、すぐ手続きをされることをお勧めしています。

抵当権抹消 手続きの流れ