新しく会社を作る
株式会社設立の費用

登記の費用例

  内  容 金  額
実 費 定款認証で公証人に払う費用 53,000円程度
定款認証の収入印紙代 0円(下記※1)
設立登記申請の
登録免許税
14万5000円(※2)
登記事項証明書等 4,000円(※3)
実費合計 20万2000円
司法書士報酬 定款認証代行
書類作成
印鑑届代理
登記申請代理 等
全て含めて
9万8000円(※4)
報酬合計 9万8000円(実質5万8000円)
合計(税込) 30万円

※1. 定款認証にはる「収入印紙」代とは?

自分で定款を認証する場合、「紙」で申請します。紙申請の場合、収入印紙を貼らなければならない規定があります。
つまり、自分で定款認証をする場合、実費として、定款印紙代4万円がかかります。

電子定款は印紙を貼る規定(法令)がないので、印紙を貼る必要がありません。
つまり、実費4万円を節約できます。

実費分にかかるはずだった4万円に+5万円程度で法律の専門家にしっかりとした定款の作成や書類作成・全ての手続き代行をしてもらうことが出来ることになります。


※2. 設立登記の為に支払う「登録免許税」について

  • 資本金の額の0.7%です。
    最低金額が15万円です。
    (つまり、資本金2140万円位までなら、15万円で収まります)
  • 当事務所では、電子申請を行うので、法令により登録免許税5,000円の控除を受けることが出来ます。 (司法書士→14万5千円ですむ 自分でやる→15万円かかる)

※3. 取得する登記事項証明書等の通数・内訳

  • 「定款の謄本」    2通     計2,000円
  • 「登記事項証明書」 1通      1,000円
  • 「印鑑証明書」    1通      1,000円

※4.司法書士の報酬について

取締役会・監査役が居るときは+1万円となります。
その他、会社の規模等によって費用が異なる場合もあります。

新しく会社を作る よくある質問