裁判所提出の書類作成
特別代理人選任の申立

特別代理人が必要な場合って?

未成年の子は、単独で有効な法律行為を行えません。(法律行為をする場合、通常は親権者が子を代理します。)
遺産分割協議もそんな「子が単独で出来ない法律行為」の一つですが、母と未成年の子の間で遺産分割協議を行う場合は、母と子の利益が対立するので、母は子の代理人にはなれないのです。
そのような場合、家庭裁判所に申立を行い、遺産分割協議のみにおいて未成年者を代理する「特別代理人」を選任します。
遺産分割協議の他に、親子の利益が相反する事例として、親子が共有している土地に、親の借金の抵当権を設定する場合などがあります。

特別代理人選任申立 手続の流れ

特別代理人選任申立 手続きの流れ

特別代理人選任申立 費用

申立書作成料 30,000円~
(※司法書士報酬)
※事例によって異なる場合がございます。
必要書類代理取得 実費
+1,000円/1通
(※実費+手数料)
※取得する通数によって、費用が異なります。
裁判所への費用 800円(収入印紙)
郵便切手代等(※実費) 
※管轄等によって異なる場合があります。

事務所案内・お問い合わせ