お見積りについての考え方

相続登記の費用例

お電話や、お越しいただいたときに出来る限りお答えしたいと思っています。

ただし、正確なお見積りをするには、書類が揃わないと出来ない場合が多々あります。
また、抵当権抹消・相続・売買など、登記の原因によって金額が異なりますので、事情を詳しくお伺いする必要があります。
すぐに算出できない場合は、まずは大体どの程度になるかや、見積りの算出方法等をお伝えいたします。
その後、書類等が揃って金額が確定し次第、正式なお見積りをお伝えいたします。

当事務所では、正式なお見積書の金額をご了解をいただいてから登記をするように致します。
登記が終わってから思ってもみない額の請求が来た・・・等の心配はございません。
その点もご安心いただければと思います。

当事務所への報酬についてですが、おそらく、高すぎず安すぎず・・・という程度であると思っております。
他の司法書士さんの中には、事務的な作業に特化してとにかく安価に抑える方法をとっている方もいらっしゃいます。それも一つの方法であると思います。
しかし、当事務所では、流れ作業で対応するのではなく、一人一人のお客様に対して、誠実に・確実に対応したいと考えています。
その為には、必要な時間をとり、ご説明やご質問にしっかり答えていきたいと思っております。
不動産等お客様にとって、とても大切な財産を取り扱っていると考え、責任をもって対処いたします。