主な業務内容
司法書士って何する人?

司法書士って何する人?どんなことを依頼できる?

司法書士にできること

その1 登記手続  会社登記と不動産登記

なんといっても、メインの仕事は登記手続きです。
全国にある法務局に、会社に関する登記申請や不動産に関する登記申請手続きをします。 また、その登記に関連する法律的な相談も一緒に受けます。

具体例で説明しますと、親や夫が死亡して相続が発生した場合、まず相談を受けて亡くなった方の戸籍等を取り寄せ、遺産分割協議書等の作成をします。 その後その分割協議書の内容にそって、不動産の名義書換(所有権移転)をするのです。

ちなみに、司法書士は、全国どこの不動産・会社でも登記の申請をすることが出来ます。(その土地の司法書士が申請しなければならない訳ではありません。)

その2 裁判所手続き等

家庭裁判所の扱うもの全般の書類作成をします。身近なものとしては
  • 調停の申立
  • 特別代理人選任
  • 後見人選任
  • 相続放棄
等があります。
また、簡易裁判所に関する手続きもします。例えば、
  • 少額訴訟の代理人
  • 過払金返還の申立
  • 自己破産の申立
  • 民事再生の申立
  • 即決和解の申立
等があります。

その3 後見人業務

司法書士が自ら成年後見人・保佐人・補助人に就任することもあります。
身内に適当な人がいない場合に依頼されます。

その4 法律相談業務・書類作成業務

法律に関する相談を受けたり、法律関係書類の作成もします。
供託手続を代理で行うこともあります。