その他の不動産登記
所有者の住所が変更になったとき

所有者の住所が変更になったとき

登記事項証明書の所有者の欄には、所有者の「住所」「氏名」が記載されています。
引越しをした・結婚して氏名が変更したなどの時は、その部分の変更登記を行います。
住所・氏名の変更登記については、引越し後や結婚後にすぐにしなければならない訳ではありません。
しかし、売却する時や、新たに借入をする時は、その前提として必ず「住所(氏名)変更登記」が必要になります。
思い立った時に変更登記をしておくと、いざという時にスムーズに手続きが進められます。
何度も住所を変更している、引越しがかなり昔で住民票が揃わない…といった複雑な場合も対応いたしますので、ご相談ください。