その他の不動産登記
建物を新築したとき

建物を新築したとき

建物を新築すると、次の手続きが必要になります。

  • 建物表示登記
    → 建物の所在・構造・面積等 を登記します(表題部の登記)。
    表示登記は申請義務があり、怠ると過料に処される場合もあります。
    この登記は、土地家屋調査士 が行います。
  • 所有権保存登記
    → 表示登記が完了すると、今度は所有者が誰かという「権利」の登記をします。
    その登記を「所有権保存登記」といいます。
    この登記は、司法書士が行います。

せっかく新築した建物も、きちんと所有者を明示しておかなければ、権利が確保されません。
また借入をした場合などは、まずこの「所有権保存」の登記をした後に、「抵当の設定」登記を行います。ぜひご相談下さい。