財産分与をする
財産分与契約書の作成

財産分与契約書の作成

調停や裁判による離婚ではなく、協議による離婚をする場合は、事前に財産分与契約書を作成するべきです。
お互いに納得し、認識を共通にするという意味でも、口頭での約束ではなくきちんと書面に残すことは重要なことです。
離婚が成立した後にさらに、「そういうつもりではなかった」などと揉めるのは嫌なものです。

当事務所では、財産分与契約書の作成も承っています。ご相談ください。

事務所案内・お問い合わせ